仮想通貨でハワイ暮らしが実現!?

ハワイ 就労ビザ 取得

アメリカ国内で一定期間働くことを目的に取得するビザ。この就労ビザは不定期間雇用に対しては発行されることはなく、雇用主の求人内容を元にしています。

就労ビザの種類とは?

短期就労ビザ(H1ビザ)

規定された専門職や高度なスキルが求められる職業で、現在アメリカ国内での

人材が不足しているポジションを補うために利用されるビザです。

短期的であり、雇用主による研修のためのもととして定められています。

そのため就労または研修においては、今後雇用主により提出された請願書に基づく

移民局の承認が必要とされています。

さらにHビザは、H-1B(特殊技能職)、H-2BまたはH-2B(短期季節農業および

非農業従事者)、H-3(研修)などに区別されます。

H-1Bビザは建築、工学、数学、物理学、医学・衛生、教育、経営学、会計

法律、芸術などの特殊技能職が該当します。取得するには就労認可が認められる

分野で学士あるいはそれ以上の学位が必要となってきます。

通常、雇用主は労働局に対して雇用契約内容やその他条件に関する証明書を

提出し、その後移民局に対して請願書を提出します。また滞在期間は6年を超えない

範囲で発給されます。

H-2AとH-2Bビザは、季節労働者に対して発行されるビザで、

H-3ビザは主に報酬を伴う研修に参加する目的で渡米する方が対象です。

研修は、大学院教育やトレーニング以外にも、分野を問わず研修を希望する雇用主が

行う事ができますが、研修は生産的雇用ではなくアメリカでしか受けることができな

いものでなければなりません。

 

企業内転勤ビザ(L-1ビザ)

同一企業内にてアメリカへ転勤する方が取得するビザになります。

対象は管理職・幹部社員となっています。

 

貿易駐在員・投資駐在員ビザ(E-1/E-2ビザ)

アメリカが通商航海条約を結んでいる国籍保持者であり、主として

アメリカと条約国間のサービスや技術に関して相当額の貿易を行う事、

多額の資本を既に投資している、または投資のプロセスを進めている事業の

展開や監督のために渡米される方が取得するビザとなります。

コメントを残す