ハワイへの近道

ハワイ ビザ取得

日本は、アメリカのビザ免除プログラム(VWP=Visa Waiver Program)のため90日以内なら、観光や商用を目的にビザ(査証)なしでハワイに滞在する事ができます。この特権が与えられているのは、東アジア各国のなかでも日本と韓国だけ。

年に1、2回の長期休暇をハワイで過ごしたいという人にとっては便利なシステムです。

しかし、やがて90日という短い滞在期間がもどかしくなり、生活の中心がハワイに移っていくにつれて、それぞれの人生設計や暮らしに即したスタイルに合わせて、ビザ取得を目指すことになります。

特にアメリカでは、ビザの取得資格や申請方法などの改訂が頻繁に行われるため、アメリカ大使館や移民局のホームページを常にチェックしておきましょう。

ビザには大きく分けて、「非移民ビザ(一時渡航ビザ)」と「移民ビザ(永住権ビザ)」があります。

非移民(nonimmigrant)」とは「何か具体的な目的のために一時的に滞在している」外国人のこと。

これに対して「移民(immigrant)」とは、「アメリカに住んでいる、または、これから住もうとしている」外国人を示します。

両者の違いがわかりますか?企業の駐在員として家族とともに長期間にわたってハワイに暮らしている日本人はいますが、移民法ではこうした状態を「住んでいる」とはみなしません。仕事をするために「一時的に滞在している」とみなします。ですので必然的に目的を果たしてた後は、日本に帰国する事が前提になります。

一時的に滞在が認められる期間はビザによって異なりますが、長いもので5年程度です。滞在期間を延長するためには、更新するか、別の非移民ビザへ切り替えるかですが、いずれにしても数年ごとにビザの問題と向き合う事になります。しかも申請が必ず通るという保証はありません。申請を許可するかどうかは、移民局の審査官の裁量にかかっているという厄介な側面を持っているからです。そこで考えるのが「移民ビザ(永住権ビザ)」の獲得です。

ビザに関しては、移民ビザの獲得をゴールとして長期的な計画に沿っておこなうべきです。たとえハワイに移住するつもりはなくても、永住を前提として慎重にビザの更新・切り替えの履歴を積み重ねていくことがビザにまつわるリスクを回避するいちばんの手段となるのです。

 

コメントを残す