ハワイへの近道

ハワイ the bus ザ・バス

imgres-1

 

ハワイでのお手軽、庶民の足と言えば ザ・バス = The Bus

ワイキキ〜ホノルル間は便数も多くストレスなく乗れます。

(しかし、ここは日本じゃなく米国。バス停には時刻表なんてものはなく

次のバスが何分後にくるのかは分からないのです。)

その気になればオアフ島1周の小旅行を楽しむことすら可能なんです。

ノースショア方面までカバーする島1周のサークル・アイランドのほかにも、

カイルアビーチ、ワイレケのアウトレット、アロハスタジアムやパールハーバー、

パールリッジ・センターなど、 旅行者にとって一度は行ってみたい場所を完全網羅。

 

そんなザ・バス。料金は大人『$2.50』と超格安。

ホノルルからちょっと離れた人気のスポットへレンタカー無しでも足を延ばせる

ザ・バスは、生活の足として利用するハワイ在住者のみならず旅行者にとっても強い

味方なのです。海外での不馴れな交通機関の利用はとかく不安なものですが、

とりあえずワイキキからアラモアナあたりまでの短い路線から

トライしてみませんか!

 

その際に覚えておきたい魔法の言葉があります!

乗車の際に運転手に「トランスファー、プリーズ」と言えば

2時間以内なら乗り換え可能なお得チケットがもらえます。

このトランスファーチケット、昔はルールがあって

 

再び同じ路線や同一方向行きに乗ることは出来ない。
目的地からの復路には使用できない。

 

などの制限がありましたが、いまは問題なし

なのでワイキキ〜アラモアナショッピングセンターまで

2時間で買い物を済ませば往復$2.50で行けちゃうんです。

また、ダウンタウンまで足をのばすなんてのもアリ!

忘れるな!

トランスファー、プリーズ!!

 

●乗り方

乗る時は車両前方のドアから乗車します。このドアから降車する人もいるので全員降りたことを確認してから乗車しましょう。支払いは1ドル紙幣でもコインでもOKですがお釣は貰えません。乗車時に運転席のすぐ横にあるボックスに投入する先払い制になっています。

 

●降り方

車内アナウンスはないので降りるタイミングは自分で判断しなければなりません。

降りたいバス停が近付いたら窓のところにあるヒモを引いてドライバーに合図します。車両によっては窓枠にある黄色いテープを押して知らせるタイプもあります。ヒモを引くと運転席の近くに「STOP REQUESTED」と赤いランプがつきます。不安な場合は乗車時にドライバーにあらかじめ降りたい場所を伝え最寄りのバス停に着いたら知らせてくれるよう頼んでおきましょう。親切に知らせてくれるはずです。


降車は前方、中央どちらのドアからもできます。中央のドアを利用する場合にはドアの上方にあるグリーンのランプが点灯するのをまず確認。それからステップを降りドアのバーに軽く触れると開く仕組みです。待っていても自動的には開かないのでご注意を。また続いて降りる人のために降りた後ドアを押さえる心配りもお忘れなく。

 

●車内の注意事項
・車内での飲食は禁止。もちろん禁酒、禁煙です。
・大きな荷物は持ち込めません。膝の上に乗る大きさが限度。サーフボードやゴルフセットは不可。ベビーカーは折り畳めるタイプなら大丈夫です。
・ラジカセは禁止ですが、ヘッドホンステレオはOK。ただし、イヤホンから音が漏れていない場合のみOKです。
・運転中はドライバーに話し掛けてはいけません。
・「COURTESY SEATING」と書かれたシートはお年寄りや身体障害者のための優先席です。・濡れた衣服や水着での乗車はエチケット違反です。

 

 

 

 

 

クリックがこのブログの励みになります。
ありがとうございます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ハワイ ブログランキングへ

コメントを残す