imgres-3

 

手続きの流れ

愛犬とハワイへ渡航する為には、最低でも約5ヶ月前からの準備が必要です。
ハワイ州は全米で唯一、狂犬病の発症が無い地域ですので、
その分、検査がとても厳しいのです。

 

渡航5ヶ月前 マイクロチップの装着

imgres

マイクロチップとは、直径2mm、長さ12mmの細長いガラスのカプセルに包まれた
小さな電子標識器具です。
マイクロチップの装着は取り扱い動物病院により対応可能です。
装着方法は、注射針より少し太い針でワンちゃんの体内へ埋め込みます。
「注射針より太い針」と聞くだけでとても痛そうなイメージがありますが、
注射は普通の皮下注射とほとんど変わらない為、ワンちゃんには負担をかけない為、麻酔の必要はありません。

<マイクロチップの役目>

迷子になってしまった場合、身元の確認が出来ることにより、不幸な処分を未然に防ぐことが可能

災害時など身元不明の犬について飼い主への連絡が可能

マイクロチップは、体内に埋め込む為、実際に目で確認出来ませんが、
ワンちゃんと飼い主様を確実に繋いでくれる大切な電子装置となります。

 

渡航5〜4ヶ月前 狂犬病の予防接種(計2回)

images

狂犬病とは、犬だけでなく、人を含めた全ての哺乳類が感染し、発症すると治療法はなく、悲惨な神経症状を引き起こした後、ほぼ100%死に至るというとても恐ろしいウイルス性の人獣共通性感染症です。
狂犬病は日本やハワイ、その他一部地域を除いて全世界で発症しています。
世界保健機構(WHO)の推計によると、世界中では年間に約5万人の人が狂犬病に感染し命を落としています。
感染源動物は、犬、猫、キツネ、アライグマ、コウモリ、リスですが、中でも犬が人に対する主な感染動物となっています。狂犬病にかかった犬は、物事に非常に敏感で、目の前にあるもの全てに噛みつきます。そして、全身に麻痺が広がり、食べ物や水が飲み込めなくなります。
人が感染した場合、風邪に似た症状ほか、発熱し、水などの液体を見たり、冷たい風に当たると筋肉が痙攣してしまい、麻痺、運動失調など様々な症状を引き起こした後、呼吸障害を引き起こし死に至ります。

大変恐ろしい狂犬病から愛犬やご自身を守るために狂犬病のワクチン接種を行いましょう。

1回目と2回目の接種間隔は30日です。
日本では、年に1度の接種が義務づけられていますが、海外へペットを輸送する際は2回の接種となるので注意です!

 

渡航4ヶ月前 採血検査

imgres-1

2回目の狂犬病予防接種後7〜14日あけてから血清検査になります。

動物病院にて血液を採取し、 『(財)畜産生物科学安全研究所』へ「狂犬病抗体検査証明書(兼申請書)」と血清を送付します。
ハワイへの渡航の場合はその旨を申請書に記載することを忘れないようにしなければなりません。
抗体価の基準は、0.5IU/mlで、この基準を満たしていれば抗体ができていると見なされ、その結果がハワイの検疫所に送られます。

 

渡航14日前 ハワイへ必要書類の提出

imgres-2

公証人役場へ行き作成します。
この書類が作成できたら、ハワイ入国10日前までにハワイ州動物検疫所に到着するように送付します。
送付する書類は
AQS-278
AQS-39(狂犬病ワクチン接種証明書/英文)
狂犬病予防接種証明書
マネーオーダーの作成($165)
となります。

ハワイ到着前14日前に健康診断を受け、証明書(英語版)を作成します。
その際にダニ駆除とフィラリア投与も済ませてしまいましょう。

 

渡航7日前まで 利用する空港へ愛犬の届出申請

imgres-4

 

 

ハワイ好きで知られる

吉川ひなのが

ハワイ滞在中にナンパされる!?

本人のブログによると

 

「今朝はすがすがしくウォーキング!

顔に日焼け止めを塗るの忘れて、ちょっとヒリヒリ、、、

そういえば、ウォーキング中に知らないオニーサンにナンパされた叫び

 

o0480064012732537239

 

o0480064012732537249

 

 

ちょっと老けましたね。

これじゃ吉川ひなのに見えないか。。

 

ひなのさんハワイ滞在中に

アラモアナショッピングセンターにて

シャネルのトートバッグを購入したみたいです。

 

o0480048012731815302-1

 

 

可愛いですね!