仮想通貨でハワイ暮らしが実現!?

ハワイ「24時間の営業」のドラックストア

今回はハワイの「24時間営業」のお店の話です。

夜中、ハワイで急に腹痛や歯痛に襲われたときどうしましょう?

土地勘も無く、病院の場所もわからない。

もし国民皆保険の無い米国で救急車を呼んだら数万円は請求されるといわれています。

(ちなみに日本でも救急車を呼んだら4万円は掛かっているといいます。
それはすべて税金でまかなわれています。)

さて、そんなハワイ滞在中に痛みに襲われたらどうしましょう?

そんなときに役に立つのは24時間営業のお店です。

有名なのはアラモアナセンター裏の「ウォールマート」

$『雑誌では伝えきれないハワイ』     by仙崎大吾

全米チェーンで世界最大のショッピングセンター、

品揃えが豊富でお値段もお手頃、

脚を踏み入れるとついついショッピングカートに

あれもこれもと、いれていしまいます。

ウォールマートに売られている頭痛薬ですが、

アメリカでポピュラーな「Advil」

有効成分イブプロフェン。
日本でももちろん使われてます。

医療用では科研製薬の「ブルフェン」が有名。
エスエス製薬の「イブ錠」としておなじみです。

もうひとつがジェネリックの「イクエート」

この価格差にビックリ!

$『雑誌では伝えきれないハワイ』     by仙崎大吾

どちらを使うかは人それぞれですが、安いですよね。
日本より断然安い。

日本へのお土産にも良さそうですよね。

そのウォールマートと道を挟んで向こう側のタワレコがあったところに

オープンした「ウォルグリーン」

$『雑誌では伝えきれないハワイ』     by仙崎大吾

24時間営業の全米大手のドラックストアチェーン

薬品や化粧品などを中心に、食品や衣類など幅広い日用品が揃っています。

ウォルグリーンの自社ブランド「ファインネスト・ナチュラル」のサプリメントは、

有名ブランドの商品に比べ低価格設定です。

ワイキキから夜中に行くときはタクシー行った方がいいと思います。

帰り道の治安はワイキキ~アラモアナエリアといえども外国なので

気をつけましょうね。

ワイキキといえば、ワイキキ唯一のスーパー「フードパントリー」があります。

$『雑誌では伝えきれないハワイ』     by仙崎大吾

24時間営業では無いですが、朝6時~翌1時までの営業で

アラモアナのスーパーに比べ、ワイキキ価格で少々高めですが、

コンビニ感覚で利用できる手軽さはNo.1。

生鮮食料品、ベーカリー、日用品、チョコレートやコーヒー、

パンケーキ粉などのハワイ土産のほか、紙オムツにミルク、

ベビーフードの調達も可能です。

急な痛みに安心、頼りになるお店の紹介でした。

ハワイ ブログランキングへ

 

コメントを残す